日記等


by kato_ashura

<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今日は遠足だった。

遠足には
ついていけないから、心配だったけど、先生の話では終始笑顔でたのしそうだったとのことだったので、安心。
お弁当もきれいに食べてあった。
なんだか、娘がもういちど生きる元気をくれたと考えた方が正しいような気がしている。
孫の歯ブラシを洗いながら、自分の子供にはそんなことをしてやってなかったと思い出す。
特に、娘の頃は仕事が忙しく、確かにみてやれていなかった。
だからもういちどやりなさいという娘の命令かもしれない。
何も言えない不良だったこの父は、「いいよ、わかったよ、やるよ。」って言う。
必ずいい子に育てるよ。
d0128759_2121686.jpg

[PR]
by kato_ashura | 2013-10-17 21:24

すごい台風だった。

自分的に良い思い出のある伊豆大島の惨状を知るにつけ、災害への対応の悪さと、結局皆の為に働いてくれてるのは自衛隊なんだ、という思いがする。
そしたら、こんなふうに考えた。
正式な軍隊にしてはいけないとかの議論はあるけれど、実際に現場で頼りになるのは、国を守ろうという強い気持ちではないだろうか?
この国を守ろうという意思で動く人達は、ボランティアも含めてそのまま言ってみれば国軍でしょう。
過去の大戦の悪い記憶?それについては、今この自国を守ろうという問題を云々している世代の中に生で味わった人はもう、かぞえるほどしかいない。
嘘も沢山流されているようだし、日教組というのが左翼系のようで、歴史を語る上では正確性に問題があると思う。
思うに、とにかく自分を愛してくれた、生存へつなげてくれた先祖を信じようよ。
爺ちゃんや婆ちゃんたちがそんなに馬鹿だったわけもないだろう。
そう思う今日この頃。
話をもどして、
責任のなすり付け合いをしてる暇があったら、現場に行って救助活動に力を貸してあげたら?って思うK象庁とまっちゃくばさん!
名目を考えれば、ボランティアじゃなくてもできるでしょう宴会以外でも、公用で。
[PR]
by kato_ashura | 2013-10-16 21:36

今日の子供。

今日は、毎週遊びに来てくれる大人の友達が来てくれて、サッカーしたり焼き肉をしたりして楽しかったみたいだ。
風呂は、とことん嫌にならないように、妥協をしながらいれている。
アンパンマンが好きなので、それも使いつつどうにかこうにかやってる感じ。
汗をかくから、着替えはたいへん。
でも、楽しくもある。
自分の寿命的な事から、将来が不安なので、教育とお金の心配をしている。
d0128759_2113989.jpg
d0128759_2115897.jpg

[PR]
by kato_ashura | 2013-10-06 21:15

保育園。

孫で子の2歳半の男児が、今月の1日から保育園に預かっていただける事になった。

遊ぶのが楽しくて今日も帰るのをいやがったけど、むしろそのぐらいの方がいいかとも思う。
お昼もちゃんといただけたようだし、お昼寝も、寝付くのは先生の背中でだったらしいが、まずはできただけでなにより。
やや反抗期で、とりあえず「いやだ。」がくちぐせのようになってるけど、少し時間をかけるとわかってくれる。
参考書を片手の毎日だ。


4日間があっという間に過ぎたけど、子供の努力がこっちには痛い。
社会性を身につけるのも大事かもしれないけど、家にいなければいないでこっちの方がえらく寂しい。
今日もやってのけた二歳半に拍手。
きらいな洗顔がわかっているのにお風呂に付き合ってくれてありがとう。

d0128759_2134612.jpg

[PR]
by kato_ashura | 2013-10-04 21:35