日記等


by kato_ashura

<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

花が終わった。

八重の桜も散り落ちて、ここ立川では花は終わった。
西行等をひきあいにだして、さんざん桜を語ってしまった昨年の春だったが、今年は桜を観る機会にめぐまれて、久しぶりに京都で桜に出会う事が出来た。(桂さんに感謝。)

d0128759_1294063.jpg

春や春 鬼も花見の 宴かな  拙作 (どっかで聞きかじったかな?)

憐れにも円山公園の枝垂桜はその枝垂の部分をばっさりやられて、不格好なただの老木になりさがってしまっていたが、それでも生かされている所はなにやら病院で薬漬けの老人にも思えて寂しかった。
彼の桜のプライドとオレの思い出の為、写真は載せない。

d0128759_1395233.jpg


できたころは、誰一人良く言う者のなかったタワーだが、今はそうは思えない。
昭和の哀愁を漂わせて、ブリキの玩具のような懐かしさと、美しささえ感じる。

京都といえば、学生時代映画が好きで、京都の撮影所に仕事がないかと思って漫然と友人宅に居候して暮らしていた事があった。
椿三十郎が好きだった。
雨月物語が好きで、琵琶湖にも行った。
また、今もそうだが、水戸黄門や旗本退屈男みたいな勧善懲悪物が好きで、そういう傾向が、ウルトラマンを作っていた円谷プロに入りたいと思うようになったきっかけだったかもしれない。
時代設定はまったくちがうけれども。

また映画の話で恐縮だが、
オレは時々残酷な映画を観る。
硫黄島からの手紙、父親たちの星条旗は戦争物だが、キルビルとか(スプラッターは苦手だが、タランティーノぐらいまでは観る。)、そう、タランティーノが本を書いているが、ナチュラルボーンキラーズなんかは相当好きな映画だ。
オレはフツーにいいヤツのフリをしたくない。
何が望みか、正直に言う事がショージキムヅカシイ事があるという事を隠したくない。
望みには光と闇がある。
イーストウッドの映画で言ってた、英雄になりたいと口に出す者もいるけど、英雄は人が作り出すイメージだ。
実体ではない。
だが、生身の人間が命を懸けようという理由の一つには、自分が信じる正義(あるいは道)を貫きたいというのもあるだろう。
それをやり遂げる事が本当に正しいかどうかはわからないが、少なくとも本人にとっての真実が少しはあるだろうと思うのだ。

現実の中にもぼんやりした事もあり、夢の中にもはっきりとわかることもある。
バイオレンス、クレージー、ワイルド等は、よい作品のときに、とても切ない。
クリントイーストウッドは、でかい銃をぶっぱなしていたころから好きだったし、オリバーストーンはプラトーン等で(他の作品でも、もちろん)とてもいい仕事をしていると思う。
マーチンスコセッシから映画を学んだらしい。
それに両者とも(ちなみにスコセッシもそうだが)音楽のセンスがいい。
スコセッシのタクシードライバーは何度褒めても足りないぐらい好きな作品だ。並の映画とは価値観のとらえ方が違う。

d0128759_2213347.jpg


Pavane pour une Infante Defunte

ナチュラルボーンキラーズのエンディングに流れていた曲の歌詞、悔い改めよとはー どういう意味だ?ってのが心に残った。
[PR]
by kato_ashura | 2009-04-23 02:36

人間の尊厳。

まあ、こんなでかいタイトルの話ではじつはないのだが、恥ずかしながら書こうと思う。
たまたまセバスチャン サルガドの写真について少し書いたら、いつもコメントをくださる方から適切なお話をいただいて、思い出した映画があった。
それは、じつはたくさんあるのだ。
人間の尊厳とは、いつでも皆が思わねばならない事だから、考えて、過ぎるという事のない永遠のテーマだから、映画作品の内容には不可欠な事なのだと思う。
ジョンウエインの多くの作品はそうだし、裁判ものなんかでは直裁に語られる事も多い。
大好きなアラビアのロレンスなんかもそうだ。
今回は製作途中でのトラブルがうかがい知れる作品ではあるが、V For Vendettaをとりあげてみた。
映画というのは、当然一人でできるものではなく、何人もの役割の違う人々による共同製作になる訳で、その人数に見合った観客動員がなければ失敗という事になる商業的な面もあるのです。
世界に対する知識と、人間としての感性が調和してはじめて感動を送り出す事ができる芸術作品としての面と、利益を得る商品としての面がいつも対峙する極めてタイトな巨大作品とも言える。

主人公Vの静かな、しかしとことん屈しない反逆は、ブレードランナーのレプリカント、ルトガーハウアーの反逆に似ている。
ついに仮面をはずすことのない主役の、その素顔が行為として見事にあらわされていて、時間がないのに人物描写の優れた、いい映画だった。
近未来の設定の中でのジュークボックスから流れるpleurer des rivieres(cry me a river)の、文字通りの流れ。。。が芝居仕立ての映画の語りから、感性の部分への見えないスイッチになっていて、まるで街はずれの赤い橋なのだ。
この選曲も、すごい。

CRY ME A RIVER

たぶん、オレがずっと白人と思っていたVictor Lazloの歌唱でまちがいないと思うが、興味のわいた人は

Sweet Soft And Lazy

等の他の曲も聴いてみてほしい。
オレはSHEというアルバムをレコードで買った。
当時はシャーデーと比較されていたようだ。


d0128759_23435357.jpg
d0128759_2345732.jpg


人型、顔型は人形、届きやすいメッセージだ。

カッチーニのアヴェ・マリア

いつもだが、作品然とせず、願いを表現するのに、話し言葉に近い愛ちゃんのこんな演奏が好き。
[PR]
by kato_ashura | 2009-04-09 23:56

ヤッターマン!

観て参りました、ヤッターマン!

期待にたがわず訳もなく、いきなり理由も明かさぬまま戦いは始まり、廃墟となった渋谷から、かわいそうな囚われの博士の娘登場と思いきや、この娘がけっこう笑かしてくれました。
いきあたりばったりのストーリー展開はそれで結構、それで正解です。
楽しみにしていたメカがまたスタッフに玩具ヲタクの方がおられたのか、なかなかチープな感じで、ジャンク好きな方もおられたのかセンスがよく、(ま、ちょっとこの辺りは自分をまぜてくれたらもっといける感じにできたのにとも思いつつ)
子供物にしてはセクシーな場面もちりばめられていて、大人のこっちがやや気恥ずかし嬉し。
子供といえば、春休みも終わって映画館はガラガラで、うるさいのがいないので、最高の席でゆっくり足を伸ばして観れました。

ジジイ一人で子供の映画にって、はじめは躊躇したもののやってみりゃなにどうってことはなかったので、こりゃ釣りキチもいったろうかという気になりましたよ。
いやー映画ってやっぱりいいですね。

フカキョンは体は立派だし、セクシーではあるのですが、いかんせんどうしてもしゃべりが子供っぽくて、体型もイメージからするとぽっちゃりしすぎ。それがお好きな方が多いことは承知していても、どうしてもドロンジョ役となると、オレは松雪さんを推したい。
ま、好みですけどね。
続編ができそうな終わり方だったので、次に期待しよう。

と、楽しみながら帰りに図書館の資料利用カードの更新をしに行って、時間があったので前から見たかったセバスチャン サルガドの写真集を見た。
モノクロームにこだわるこの作家のモノトーンはさすがに美しく、説得力があった。
人間の闇が写し出されていたと思う。
ヤッターマンとの落差の激しさ。
オレは分裂症だろうか?
ついでにまたブルースのCDを2枚借りてきた。
ジョンリーフッカーとソニーボーイウイリアムソン。
ソニーボーイは伝説のクロスロードのロバートジョンソンが殺される現場に居合わせたメンバーだ。
意外に若かったようで、その後録音された音源の質は良い。
きっとすごい勢いで録音技術が進歩していたのだろう。
相当jazzっぽく演っているが、ファッションも含めてカッコいい。

Nine below zero

ロバートジョンソンの死後その息子もギタリストとしてデビューしたが、ソニーボーイはずいぶん可愛がったらしい。
自分のアルバムでも亡き父ロバートジョンソンの曲を一緒に演ったりもしている。
ただやっぱりミュージシャンは性(サガ)なのか、それが理由でロバートも殺されたのを見ていながら、この男も女好きで、そのせいじゃないかもしれないがロバートの息子は離れてしまう。
ハウリンウルフはソニーボーイとは義理の兄弟らしいが、女のことをそこらじゅうにばらされるのを嫌ってあまり近づかなかったようだ。
そのぐらい好きだったみたい。
この辺の話はライナーに書いてあった。
なんかよさそうな男って気がする。

『BAGDAD CAFE』

この映画も好きだった。
そしてこの曲が好きで、サウンドトラックCDを買ってしまったのだった。
ドイツ人の白人が主役なのに黒人の気分が満ちている不思議な映画だった。


The Sleaze Sucker

シネマティックの音楽はやっぱりシネマ的だ。
[PR]
by kato_ashura | 2009-04-08 00:23