日記等


by kato_ashura

<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

本当によくわからないけど、今日は国会で田中眞紀子さんの出番があったので注目してみた。
あいかわらず気分のいい話しっぷりで、あぁ元気でいてくれてよかったと思うとともに、昨今えらく評判の悪い麻生さんの答弁を聞くと、世評の正確さに感心した。

いずれしかるべき時期に野党との争点を明らかにして国民に真を問うって言っておられたけども、争点がわかってないってどういうこと?
え?   
わかってなかったの? 明らかじゃないの?
たぶん、国民のみんながわかってる事が総理大臣にわかってないってさ、
どういうこと?
あ、そうか、わかってないからそこにいるんだ。
ま、最悪!

むかし、ちょっと勉強してよかったなと(冬来たりなば、とか。)いうことがあったけど、サルトルって人がいて、哲学してた人だけど、ニーチェって人ほど華はないんだけどいいことを言っていて、人間以外のものはただ自分にべったりくっついていて自分から距離をとれないが、人間は自分から離れて自分と向き合う事ができる、って言ってる。
なるほど、でしょ。
個人攻撃という訳じゃなくて、この人(すっと言えば麻生さん)に限らずいるよね。
人間になれてない人って。(人間未満の人。)

オレがいろいろ批判、批評するのはおかしいんで、もうやめるけど、まちがいや試行錯誤は誰にでもあると思うから(オレにもあるし)やたらに責める訳にもいかないけど、自分がやったことはその責任から逃れる事はできないって事を無視しようとする人がいる、その事はおかしいよね。
自分の哲学を放棄している。
人間は人間であろうとするが故に人間なんだから、そうあろうとしないなら野獣の世界で生きるべきなんだと思うヨ。
アフリカとかで。

人間のフクザツさは、例えばオレはアートを尊敬しているけど、その価値ということになると、それを持ってる事が近所自慢じゃなくなった昨今は、価格を付ける人が出てきていて、大好きなゴッホなんか凄い値段がついていてびっくり。
まあ、売れないぐらいの方が我々の目にできる機会があっていいのかもしれないけど。
でもアートは作品があっての事ではあるけど、大切なのは作品に反応する自分の心のほうなので、価格を決める商人の考えは関係ないんだ。
商人は同じ人間だからある程度アートを理解するが、その後はその価値をカネに変えてそれによって自分がいかに儲けるかに邁進する。
美辞は必須、口の上手いライターは職を得る。

ホントウが何なのかは関係なくなる。

Little by Little

足して(ジャニスとシェリル)2で割ったって言う人もいるけど、そういう見方はしたくないし、ユダヤとかの見方もしたくない。(ディランもジンマーマンだ。)
いい感じにロックしてるし、この頃流行らないスタイルをやってくれてるのも嬉しい。

自分の為と、ある大事な人の為とは同じなんだ。
わかってくれようとくれまいと。

だけど、イスラエルはここんとこやりすぎだ。

What If

問題はオレ達の想像力なんだ。(大江健さんじゃないけど。)

d0128759_23122521.jpg

[PR]
by kato_ashura | 2009-01-29 23:19
今日は午後のはやい時間から孫が家に来ていた。
いろんな子供がいてそれぞれに可愛いのだろうが、オレはやはり家の孫が可愛い。
たぶん、自分は博愛主義ではないかもしれない。
まだ2歳にならないが、男の子にしてはよく話をするし、理解力がある。
ま、自分に都合が悪いと聞こえなくなってしまうという普通にありがちな傾向はあるのだが、それがまた可愛いのは幼いが故かもしれないし、自分の孫だからなのかもしれないし。
風呂に入れてやるチャンスをもらったのだが、孫を連れてきたその親を赤ん坊の頃入れた事があるっきりやったことがないから自信がなくて、今回は見学さしてもらった。
風呂が済んだのでオレが入ると、ジージがどっか行ったとバーバに連れられて風呂まで捜しに来た。
この次は一緒に入ろうねと言うと、うんと言って今着せてもらったばかりのパジャマを脱ごうとし始めた。
なんて可愛いんじゃ。
オレがいる事がわかったから安心ということでもないかもしれないが、風呂からあがると、親の膝で眠っていた。
寝顔を写真に撮ろうとカメラを持ち出したら、ちょうどのタイミングで布団に移されたので、写真は撮り損ねてしまった。
両側に添い寝して、妻と一緒に可愛い寝顔をさわっていると、眠ったまま妻の指を掴んでくわえた。
本人も自分でチュパという行為で、オレの子供夫婦の指もよくしゃぶるのだが、これがまた可愛い。
我が家の犬は孫がもっと小さかった頃に少々乱暴な事をされたので、孫がやって来るとすぐにオレの所に非難しに来るようになっていたのだが、今回は孫がやさしくなったので少しその関係が好転したように見えた。
孫が帰る時は寂しかった。
ずっと家にいればいいのにと妻と話した。

今日は家の庭で紅梅が花をつけているのに気がついた。
以前、裏庭にあったのを庭の真ん中にあった古い柘の木が枯れたので、オレがその場所に植え替えたものだが、今年は特に多く花をつけているようだ。
冬来たりなば春遠からじと心に浮かぶ。
少しだが勉強した事がこんなに自分の心の糧になるとは、子供の頃にはわからなかった。
孫に残してやれる事の事を考えた。

今日、オレが昼寝中に散歩にでかけた孫が、帰るのを嫌がって、ずっと多摩川に石を投げていたそうだ。
オレも幼稚園のとき、登園せずに友達を誘って河原で一日石投げをしていて、ただいまと帰ったら園から来ていないと連絡を受けた母があせりまくっていて、さんざん尻を叩かれたのを覚えていて、それを思い出した。
親は子をそんなに愛するものなんである。
爺婆はいわんやおやだ。

今日は好い日曜日だった。

d0128759_22441052.jpg

d0128759_22484329.jpg

Ecoes

この曲は長かった?短かった?
リックの美しい顔が印象的だ。合掌。
[PR]
by kato_ashura | 2009-01-25 23:01

天気。

当たり前だけどこの頃寒い日がつづく。
派遣で切られた方々の寒さを思うとなんだが、オレは寒いのが苦手だ。
スキーは好きだが、寒いのが駄目なので、もっぱらゴンドラのあるスキー場へ行く事が多くなる。
今シーズンはまだスキーはしてない。
なんか暢気で申し訳ないみたいだ。

麻生さんからお金をもらったら、今回首を切られた人にさしあげたいと思っている。
オレより無駄遣いはしないに決まってると思うから。
初めは近くの場外馬券売り場に行く予定だったのだ。増やして困ってる人にと思っていたが、よく考えたら増やせる自信がない事に気がついた。
気がつかなければよかったのに。

博打が好きだ。
一度目の大学をクビになった原因のひとつもそれがあったし、博打好きは母の影響もあったと思うが、一度ヤクザがらみで困った事になり、人生をやりなおすつもりでぴったり止めた。
ところで世界のヤクザはイスラエルかな?(アメリカ?)
ビンラディンかな?

マイホームが好きだったが、そこにぴったり収まる事もできなかった。
なんとかやってきて、今は少しは、かみさんや、娘や、愛犬の役に立ってるとオレは思うのだが、果たして相手はそう思ってくれてるやら、くれてないやら。

d0128759_2210562.jpg


この写真のタイトルは I'm Home.

Papa was a Rolling Stone

天気のいい日に近くの多摩川河川敷公園に行くと、ときどきこの凧で遊んでる人がいる。
こんなに上手くはないのだが、鉄橋を行く電気機関車を眺めたりその凧を眺めたりする。
犬もたくさん通る。

川の近くで育ったせいか、むかしから川が好きだ。
美空ひばりの、河の流れのよーにーも好き。

d0128759_22533622.jpg


こんな遊びがしたい。
朝早く、仕事にでかける前に一漕ぎして遊んでいた。
遊びはそれができるときにしかできないって思う。

友人の具合が気がかりだ。

d0128759_22581264.jpg


命があるときにしか見れない、感じられない。
[PR]
by kato_ashura | 2009-01-15 23:00

成人の日。

確かかつては1月15日が成人の日だった気がするのだけど、この頃は今日がそうだったらしくて、テレビのニュースで沖縄の暴れる新成人達の動画を観た。
おめでとうって言葉が引っ込んじゃうよね。
オレは当時以外とまともというか、スーツが嬉しくて、他の奴らもそうだったと思うのだが、女子は着物のみせっこ、男子はスーツのみせっこみたいな感じで同級生とはしゃいでいた気がする。
面白いのは、普段当時のグラムロックとかにはまっていてそういう感じの服装してるような女の子も、なんか嬉しそうに着物で大人の主催の成人式に出席したりしてたり、同棲していて子供がいるようなヤツも会場で楽しそうに子供の話してたりした。
いうなればウブだったのかな。
でも楽しかったな。

まだ社会との関わりも少なかったりしたから、役に立たせようという下心のある見栄もはらなかった。
ただカッコよくしたいって見栄はあったけど。

占いや、超現実的なモノや事が好きだった。
音楽聴いて、いきつけのスナックでコーヒー飲んで、朝はモーニングセット、昼はナポリタンやラーメン食ってた。
そういえば今のようにグルメってのもあまりオレのまわりにはいなかった。
料理とか最後には好みになってしまう、っていうかしてしまえる分野って今流行だな。
味覚程曖昧でなんとでも言えるものはない。
料理番組の多さとタレントのリアクションのあたりまえさには時にうんざりする。
そんなに何ものよりも上の味じゃなきゃいやか?
酒もそう。
通って人に聞いてみたいよ、その最高という根拠は何?
ちょっとまて、すべての銘柄の日本酒を飲み比べたっていうの?自分の舌で。
ひとつひとつの味を忘れてないの?
ちょっとまて、アナタの舌は最高がわかるの? ホント?
一ヶ月前に飲んだ日本酒とそれと違う銘柄のを別の店で今日飲んだとして、一ヶ月前の味を覚えてるっての?
で、何処の飯はうまいのまずいのって言うじゃなーい。
それはあるけどさ、全部のメニューを食べてみた訳じゃなし、それだけでしょ、あとは想像でしょ。
つっこめば好みってことで逃げるし。
感じのいい店でまずくないものが食えればいいし、環境が変わったらその土地のうまいものを食ってみたいってぐらいでいいんじゃない?
料理研究家、ね。
あの人達が作ったものがそんなに旨いかな?
いつか写真家の浅井慎平さんを撮ったとき言ってた、グルメとかの話をはじめたらおしまいって。
やっと意味がわかった。
はじめから結論がないからだ。
占いなんかと一緒で、なんだかわからないからだ。
いちばん無責任に話せるからみんなそういう話が好きなんだ。
そうか、そうか。

テレビにからんでもしょうがない。
じつは最近ちょっとひっかかる事があったんだけど、
それでちょっとしつこかったかな。

Guess who I saw today

大人っぽく飲むのが上手になりたい。
オレはこの年でいまだに子供の飲み方だと思う。
だから新成人に暴れるなとは言うが、飲み方は一緒に勉強しようねってぐらいだ。

d0128759_2145573.jpg


正月なので富士山の似合う女性を。(今年初めにこの画像が動いて夢に出てきた。)
山村礼子さん。レイ子だったかな?
こんなに富士山が似合う人を他に知らない。また会いたいナ。

La vie en rose
[PR]
by kato_ashura | 2009-01-12 21:54

やれやれ。

喧嘩とかを囃しているのではない、いわゆる疲れたりした時のやれやれだが、何の事はないと思っていたのにちょっと困っている。
なに、パソコンが動かなくなっただけなのだが、
思ったより困る。
古いデスクトップなので壊れる事もあるだろうと思って仕事用にノートも持っているけど、メインのマシンなので、何より過去メールが見れないのがやばいのだ。
仕事のスケジュールが見れないとか、使い慣れたソフトが使えないのが困る。
今回はばっちり反省した。
しかし、思えばいつの間にこんなにパソコンに依存していたのだろう?
電車に乗るにもアナログを決め込んで、今だに切符で通しているのに、自宅のパソコンが壊れたぐらいであたふたしてはかっこわるいではないか。
だけどストックしておいた好きな画像も開けない。
やれやれ、だ。

救いは日記をここにしていたからこうして書けるし読める事だ。
自分で音を聴くのは今はレッドツェッペリン狂熱のライブをレコードで聴いているから問題はない。
さっきはZZトップのエリミネーターをレコードで聴いていた。
だが、そういう他人のを引用して何かを伝えようとするような時、抽き出しが失われた痛さが身に降り掛かる。
すべてを自分の言葉だけで表現できたらいいと思う。
だけど自分の言葉なんてあるんだろうか?
他人の中に生まれて、他人の言葉で生きてきたオレに。
記憶のすべてがなにかしら他との関わりで出来上がっている。
風呂で思いつく鼻歌でさえ、誰かのものとの関わりで浮かび上がってきているフレーズに違いない。

うーむ、オリジナルって何?何処?

Baby Blue

ツェッペリンを聴きながらディランを。

4th Street

写真を勉強していた頃、瞬間よとまれ、おまえは美しいというファウストが死ぬ時の言葉が気に入っていたものだが、オレのその瞬間てオレのものだったの?

うん、そうだと思う事にしよう。
o型でよかった。
どうやってどうするとどうなるかなんてことを考えすぎると何もできなくなって、できないことが普通だなんて馬鹿な考えに行き着かないとも限らない。
例えばモーツァルトを百回聴いたってモーツァルトがわかったことにはならないし、おいしいお酒をどれだけ呑んでも、それを造れるようにはなれはしない。それどころか一昨々日呑んだ酒と今日呑んだ酒を比較できるようにさえなれはしないのだ。
明日も元気に暮らせると思えるのは、ひょっとしてオレがo型だからかもしれない。

o型のせいでもないか。
まぁ、いいさ。

Age Of Loneliness

Silent Warrior
[PR]
by kato_ashura | 2009-01-12 00:48

初夢?

このところたくさん夢を見たので、どれが初夢なのかよくわからん状態で、縁起のいい夢なのかそうでないのか、それもよくわからない。
富士山の夢は見た気がする。
おふくろの夢も見たと思う。
雪が降ってるのも見た。

夢が映像化される時代がそんなに遠くないような事を言ってる記事をちょっと前に見た。
うーむ、なんかいやだ。
恥ずかしいし。

もうずいぶん前、一人でクルマで京都に遊びに行った帰り、夏だったのだが、行程の無理がたたって、高速道路を走行中に眠気に襲われ、危険を感じてサービスエリアで休憩した。
高速では一瞬うつらっとした瞬間に左車線から右の分離帯まであっというまに移動しているのだ。
駐車場でクルマから降りようとしたが、眠くなり、力つきてドアを開けたまま眠りこけてしまった。
そのとき見た夢は、雪の降りしきる中を、加賀まりこさんが和服で蛇の目をさしてにっこりしながらこっちへ歩いて来るって夢だった。
汗みどろの状態で夢から覚めて、ただの水をがぼがぼ飲んだっけ。

それからは眠くなったら必ずすぐに休むようにしている。

死んだおふくろとはつきあいが長かったのでいろんな思い出があるが、いいところもわるいところもある母だったので、ホントに書きにくいのだが、オレは愛してもらったと思う。
夢の中の事を書くのは恥ずかしいからだめだ。

Sheep

眠れない時は洋風に羊を数える。
ま、めったにないのだけど。

Driftin' Blues

このバンドとの出会いが、Bluesをホントに好きになるきっかけだったかもしれない。
娘に下手だと言われながらも、今後オレが演るのはBluesだと思う。

今年から真面目にギターをやることにした。(3日坊主でおわらぬように)

Gimme some lovin'

ブルースブラザーズ、この映画は最高に面白かった。
今でも時々観ては笑っている。
前から好きだったアレサフランクリンがもっと好きになった映画でもあった。

故ジョンベルーシはヘビメタファンだったとか。
ヘビメタもわるくないネ。
時々ファズとオーバードライブを一緒に効かせて遊んでます。

カッコいいロックバンドをやってる初夢とか見たいもんだ。

今年もこんな感じです。

d0128759_21233669.jpg


何の脈絡もないが。
[PR]
by kato_ashura | 2009-01-04 21:25