<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日本海を見に。

遠い昔に日本海の近くで一時期暮らした事があって、また見たくなって妻と愛犬を連れて訪ねてみた。
そこに1人で暮らす気掛かりな知り合いの消息も知りたかった。
オレより少し年上の元ピアノ教師のそのひとは、若い時から心臓に不具合があって、それゆえ出産に耐えられそうもない事から結婚は半ば諦めていたようだったが、是非にと望まれて楽器屋を営む男と一緒になり、自分自身の命をかけて一児をもうけた。
その後男は女をつくり、家を出ていった。
そのひとは、意地もあったのだろう離婚せず一人息子と二人で暮らしたが、息子は学業がよかったにもかかわらず大学進学をせず専門学校へ進み、母との暮らしを安定させる事を選んだ。
あにはからんや就職先は地元から遠く離れた土地となり、生来の真面目さで良く働いたのだが、それがゆえにまわりとの関係を具合よく計れず、その為に苦しんでついに仕事を辞めて去年の夏に母の住む生まれ故郷の上越に帰ってきた。
帰ってすぐにリストカット。
救急で入院したが1週間程で退院、家に帰ってまた1週間程で父のところに行ってくると母に嘘をついて家を出て帰ってこなくなった。
「母さん、オレ不安なんだよ。」という言葉が気になって、連絡したくはなかったが別に暮らす父に電話した母、来ていないと言う父。
皆で探したが見当たらず、どうしたかと気を揉む毎日が続いたその年の秋、死体が見つかった。
自殺だった。
彼の父の実家の開かずの間になっている納戸で見つかった。
オレの息子と同い年、子供の頃には家にも遊びに来て息子とも遊んだ、その頃から真面目な好い子だった。
飾られた写真も真直ぐな彼の性格を現わした好い顔をしていた。
それは昨日の事、友だちと昔バスで行って泳いだ記憶のある近くの海水浴場で食べたテイクアウトの寿司がうまかった。
[PR]
by kato_ashura | 2008-05-28 22:25

今日は好い天気。

昨日は叔父の49日で寺へ行ってお墓にお骨を納め、その後御馳走になって帰ってきた。
叔父の葬式の時も雨で桜がたくさん散っていたが、昨日も雨だった。
今日は好い天気になって、さて久しぶりにバイクでひとっ走りと思ったら、妻が大事な用事で出かける日だったので、愛犬と一緒に留守番だ。
この愛犬がまことに愛犬で、ずっと膝の上に居たがる。
ちょっとギターを弾いたりするのに膝からおろすと隣の部屋で待っていて音が途切れるとやってきてまた膝の上にのる。
オレは愛犬家なので愛犬をひとり(一匹)にできないので、こういう状況になるとじっと家にいなければならなくなる。
しかし、外は好い天気だ。
手持ち無沙汰なのでむかし母に買ってもらったヤマハのアコースティックのギターの次に古いエピフォンのシェラトンをチューニングして音をだしてみた。
当然パワーがあるわけじゃないが、好きな音だ。
ギブソンは高くて買えなかったのでこれにしたのだが、ギブソンは今でも高い。
EとAとB7で小一時間弾いた。
d0128759_161381.jpg

[PR]
by kato_ashura | 2008-05-11 16:06

motorcycle.

motorcycleのクラブ活動をやめてしまった今でもmotorcycleそのものは大好きです。
音楽ではブラックレブルモーターサイクルクラブとかは聴くけど、(カッコいい。)もうクラブはジャズクラブとかの方がいいです。
いまどきのクラブには足を踏み入れた事がありませんけど娘の話じゃ私らは行っちゃいけなさそうな感じですし。
motorcycleは16の頃から乗ってるのでかれこれそうとう長く乗ってます。
それで思うのは基本が一人の乗り物ですね。
だからそれをクラブ活動にするには結構ちゃんとしたきまりをつくらないとむずかしいのかな?
大勢で楽しむにはね。
気の合った人と少人数で走るのはいいけど大勢だと楽しいんだかなんなんだかわからなくなっちゃうです。
さらば青春の光って映画でも大勢でだーっと走るシーンより一人で走るシーンの方がカッコ良かったもんね。
もうすぐ10年以上かけて走れるようにしてきたHONDAのホライゾンってmotorcycleができあがるので車検とって走ります。
つっぱって走ってた頃、白バイに使われてたmotorcycleに不覚にも恋してしまって仲間と別れてからボロクソの中古を手に入れてこっそりかくれるように治し直ししてきたまるで不倫相手のようなやつなんです。
それだけに思いは深く、ディープで手放せない。
motorcycle、あぁ。
やっぱいいなぁ。
写真は後日アップ。
できると思う。
[PR]
by kato_ashura | 2008-05-09 20:47