日記等


by kato_ashura

モノとの付き合い。

日々いろいろなモノたちの世話になりながら暮らしているが、自分の都合に合わせて使わせてもらっている割には、ややぞんざいな扱いをしていると感じる。
先日、気に入っている柔らかい皮の靴のゴム底を取り替えてもらったら、¥5,000.-だった。
高いか安いかと、まあ、一言にそういう問題ではないのだが、季節ごとに遊びの道具も変わるのだが、服と同じように仕舞ったり、その際には手入れをしたりするその作業を、以前は今よりも楽しいと感じていなかった。
先日スキーの手入れをした時、ワックスを落とそうとしてリムーバーを使っている時エッジで少し指先を切った。
シタールという楽器の共鳴弦を取り替えるときも同じように細い弦の端で指先をついてしまって、少し血をだした。
その事に関してはおそらく、真剣さが足りないのだと思う。
その時、もしかするとオレは万事にそうかなと思った。
ふと、他人に対してもそうなんじゃないかと疑った。
他人じゃなくても、妻や子供や親に対してどうなのよって、そう思った。
カメラのレンズを、次に使うときの為に手入れして仕舞う。
仕舞った事に安心してその存在を忘れてしまう。
道具に対して真剣であるという事、服装に対して真剣である事、他人に対して真剣である事は似ているのかもしれない。
今の方が以前より手入れする作業を楽しく感じているのだが、緊張感は失われているように思う。
その証拠に怪我をする。
単に年のせいなら仕方ないが、心にとっては問題だ。

stop

やりたいことをやりたいままにやりおおせることなんかできない。
よく、自由すぎるという言い方をするが、自由ではない。
自由を定義したいのではなくて、ここにこうしている以上は、どうしたらいいかって事だ。

d0128759_1103224.jpg


これが建てられた時、この建物にあった意味(誰の為の、あるいは何の為の)は何だったのかは知らないが、スキーをしなくなればスキーはここにある意味を失う事と同じだ。
意味を失う事を知らせる為に保存する事に意味がある。


We're All in Love

Napalm Rhythm

文明はどうやら信頼に値するものではなさそうだが、小さな世界でも何かやりたいことをやるべきで、たぶんそれが文化だろう。
殺人や戦争が文化でないのは、永続的に共生する事を拒否しているからだ。

d0128759_11231651.jpg


これはベトナムで撮った。
この娘のおじいさんに蜂蜜をごちそうになって、それ以来蜂蜜が好きになった。

We'll Meet Again

アウトテイクも面白い。

雨があがったので今日はバイクの手入れをする。
[PR]
by kato_ashura | 2009-05-08 11:27