日記等


by kato_ashura

法事。

今日は、叔父の一周忌だった。
昨年の春、逝ってしまった日は、桜を散らす雨が降っていたが、今日は午前中に少し降って、その後、日が差した。
一年という時間がたつと、悲しさはもちろんまだあるのだが、どうもその事に対する自分の方が変わるようで、まだ咲いていないせいか、同じ雨でも、桜を咲かそうという雨に変わってきているような気がすると、献杯の挨拶でそう言った。
年のせいか、若い人の役に立ちたいと思うようになってきた。

これも今日、隣のアパートの学生が、就職が決まって京都に越すからと、お母さんと一緒に挨拶に来られた。
いつだったか、急な腹痛でどうしようもなくなって家に電話してきたので、見に行くとちょっと大変な事になっていて、救急車を手配して、病院まで付き添ったりした事を恩にきているようだった。
バイクが好きで、オレのバイクを気にしていたが、自分のはオレのとはタイプが違うアメリカンのにして、楽しそうに乗っていた。
若い人の出発は気持ちがいい。
自分があの世へ行く日も、まあ、そんなにわるくないのかもしれないと思った。

The Turtles

d0128759_2046673.jpg


娘も6月には結婚する。
年はとりたくないものでもないと思うようにもなった。
[PR]
by kato_ashura | 2009-03-20 20:49