日記等


by kato_ashura

群れと個。

ロイブキャナンのThe Blues Loverを聴きながら書こうとしている。
のっけからだが、この曲はホントにカッコいい。(YouTubeでみつかりませんが)

群れと個ということについて書こうと思ったのは、今の自民党の事でもあるし、派遣社員を勝手にしている企業についての事でもあるし、オレが何十年か生きてきて、社会との関わりの中でいろんな経験をして得た感動とがっかりの事について少し書いておきたかったからだ。

群れの中にいても自分を見失わない人もいるし、個であり続ける行き方を選んでいる人でもある意味自分を見失ってしまう人もいる。
ありきたりの定規は無いのと同じだ。

the messiah will come again

メシアというのはキリスト教とかユダヤ教とか普段あまりなじみのない(オレにとっては)宗教の中での重要な存在のようなので、まあ、預言者とか救世主とかいった意味の方と思う事にするが、オレ自身、西欧人でなくキリスト教徒でもない、イスラム教徒でもユダヤ教徒でもないので正直あまりぴんとこない。
ただ、どうやらこの方は個であるらしいので、話に載せさせていただく事にするかといったところだ。
宗教は当然、多数からなり、区分けとしてある群れを生じる。
集会に参会しなくても、あるひとつの方向性を持った人々はいうなれば群れだ。
それを統率しないのに、そのトップにあるのが宗祖だ。
不思議だ。

ちょっとだけ似ているのが、国民に責任を持たなくてもトップに君臨する人。
この人も個人なんで、オレ達と同じだが、公人というイメージの中での役職に就いておられる。
党を率いて意見や方向性の異なる他の集団と対決し、自己の正当性を主張される。
主張する事に夢中になるあまり、多くの場合本来の自分の役目を知らなかった事にしたりもする。
ノルウエーの森の作者がイスラエルで言った壁と卵の話は心に響いた。
あの作品は、当時読みたくて買ったものの、むちゃくちゃ忙しい日常にやっつけられていたオレが、こんなところにいたら本も読めないと言ってかみさんに嫌われながらセブ島までずらかって読んだので、その作家が世界に評価された事は嬉しい事だった。

政治が我々の為の事でないと思ってしまったら、官が伸す。
それはじつに経験済のろくでもないことだから、政治には参加するのがいいんであろうと思うのだが、それじゃどんなふうに関わったらいいのかがむつかしい。

Battle Of Land And Sea...

性善説ってどうだろ?
子供の頃はそう思っていた。
懐疑的に世間をみることは絶対必要だナ。
d0128759_22134434.jpg

[PR]
by kato_ashura | 2009-02-22 22:16