日記等


by kato_ashura

たった今電話があった。

ついさっきロンドンから着いたらしい。
時差ボケとか言いながら元気な声だった。

嬉しい電話の主は、学生時代の我がクラスのマドンナだが、聞いた話によると卒業せずにロンドンに渡ってそこで結婚し、今年の夏の同級会で皆と30年ぶりぐらいの再会をした。
好い感じの女性とオレは思っている。
一緒に連れてきてくれた彼女の息子がまたとても好い子で、19歳だから子は失礼かもしれないけれど、好感のもてる男子だった。

癌と戦っている共通の友人を心配して、(彼は岡山に住んでいるのだが)今年中に岡山に行く予定はないかと聞いてきたので、行くなら予定をつくって行くよと答えた。
じつはオレも気になっていたのだ。

三味線ブギウギ

その友人は邦楽が苦手だというのでこれはしめたと、あえてうめ吉さんだ。
彼女は岡山、倉敷の出身らしい。
sarno君、君んちの近くだヨ。

お座敷ロック

こういう歌い方が好きだ。生業は芸者です。これはお座敷の芸事、お仕事ですって雰囲気がたまらなく好い。実際は芸人さんのようだが。

おまけにこれ

うめ吉 高田純次 "三味線の修業"

オレは高田純次氏の大ファンなのだ。

電話があった事とうめ吉さんは何の関係もないが、今回はこんなものだ。
次回は仕事で撮ったむかしから好きなミュージシャンの写真を載せようと思っている。
[PR]
by kato_ashura | 2008-12-17 23:03