墓参りとは。

26日が友人の命日で、もう逝ってしまって2年になる。
のぶさんに声をかけられて、一緒に墓参りに行った。
午後とはいえはやいうちに着いたのだが既に先客があって新しい花と口を開けたビールと日本酒が供えてあった。
あるところは妙に正義心が強く、あるところはふつうにあんまり強くない面白い男だった。
何処が強くないかは、書く事ができないがオレの知る限りではそんなに悪いとも思えない範囲ではあった。
墓の前で、一緒に参ったのぶさんとひとしきり思い出話をしてから、墓の肩をたたいて、じゃ、またくるからと言って帰ってきた。
千の風じゃないけどそこにその人はいないのに、かってにいることにして語りかけるのは、じつは自分の中にできた彼のいた場所の空白ををどうしていいかわからなくてそうしてるんじゃないだろうかと思った。
涙はつきまとうけど。

彼は編集者だったので、よく一緒に仕事もしたが、それ以上によく遊んだ。
その頃一緒に飲んだ店に行くと何故かそこに現れる気がするし、家で飲む時肴を焼いた七輪をみれば大きな声でゲラゲラ笑う声が聞こえる気がする。
バイクで走れば必ず彼の走る姿が脳裏に浮かぶ。
甘く切ない思い出とは、またちがった少しごつごつしてるが楽しい思い出というのもあるみたいだ。
2年経って少しだが気持ちに変化が出た。
残されたご家族も気持ちが安らいでくれるといいと思う。

La vie en rose(ばら色の人生)

この歌が、というかこのエディットピアフのこの歌唱が好きだ。(画像も最高だし。)
若い頃の歌唱よかずっといい。
悲しみも喜びもきれいに溶け合ったクリームソーダの味がする。(しつこいかナ。)
涙が出る。
(これはホントだ。)

Sous le ciel de Paris

小学生の頃、家にたった一枚あったシャンソンのアルバムに入っていたこの曲と萩原朔太郎の フランスへ行きたしと思えども フランスはあまりに遠し という詩がオレ的のフランスのイメージを決定した。
その後見たゴッホの絵もイメージを描き変える事はなかったのだが、実際にはパリでは友人と文無しのただれた日々を過ごしたのだった。ナ、sarnoさん。

The Great Escape
[PR]
by kato_ashura | 2008-10-27 23:32