日記等


by kato_ashura

嬉しい事があった。

今日電話して、北海道の叔母の明るい声を聞いた。
なんだか、医師に確認するのがいやになるぐらい、明るい声だった。
肝臓に転移した癌が小さくなっていると言った。
これは、なんといっても嬉しかった。
確認したくない。
そのまま信じていたい。
でも、きっとオレは代わったばかりの主治医に聞く事になるだろう。
こう言ってるのですが、どうなんですかと。
その返事は、本当はあまり聞きたいと思っていなくても。

LITTLE LIES

この歌みたいにロマンチックじゃなくても、嘘が聞きたい事だってある。
人の嘘には腹を立てるくせに。
d0128759_22543524.jpg

                    ためになる言葉。

なんて勝手なんだろうと思うヨ。

いつでもいい人間でいるのは、できる人にはできるが、それができないオレみたいなやつもいて、嘘をつく事もあれば、人を傷つけてしまう事だってある。
ずるいことだってすることがある。

だけど、最近わかったのだが、自分が自分であるためには、いやそうじゃなくて、誰か自分以外の人を好きになる、とても好きになる事が、自分自身を純にしてくれているということだ。
いっぱい人を好きになると、その人といる時間が楽しいだけでなく、自分が自分として本当に自然に自分を受け入れられている事がわかった。
背反する自分がいなければ、分裂する事もなく、おそらく鬱になる事もないのではないかと思う。
思い返せば、バイクの事故で死んだ友人は、鬱だったし、その理由があった。
それは深くて、誰にも届かないうちに、彼は逝ってしまったのだと思う。

EUROPA & SAMBA PA' TI

画面が動かなくて残念だが、この演奏が好きだ。
フツーにレコーディングされたのをつなげただけみたいだけどね。
曲そのものがいいってすごいことだと思う。

d0128759_2320664.jpg

                     石庭の桜。

最近また訪れる事ができたが、これは昨年の写真だ。
桜は西行ファンだからというわけではなく、花の中でも特に心にくるし、
誰かに見せたくもなる。

山の藤が見たくなって、ひとりでバイクででかけた。
いつもの奥多摩を走って、
d0128759_2326082.jpg

                      山の藤。

この藤を見た。
d0128759_23281321.jpg

                    いつもの神社。

いつものって、いつまでの事だろう。
[PR]
by kato_ashura | 2010-05-29 23:32