なんだかな〜。

ふだんからけっこうまぬけなことはするのだけど、今回は痛い目にあった。
怪我をしたのだが、その現場はこの世に存在しないというか。
夢の中でケンカして、とっさに蹴りを食らわしたのだが、おかしい。こっちの足が痛い。
つぶった目を開けると、そこはベッドの中。
灯りをつけて痛い所(右足のつま先)を見ると、親指の爪がパカッと割れて今にも血が出ようとしている。
壁は痛そうではない。
物音に驚いた妻が気味悪そうにのぞきこんで、「あら〜。」とのたまう。
シーツに血を付けると叱られそうなので、ビッコをひきながら(あ、差別用語だっけ)、救急箱のある所まで行って、サビオかバンドエイドかわからないけど、で、爪を押さえる。
じわり、血が滲んだ。
とても痛かった。
妻に聞くと凄い音がしたんだそうだ。
そうかもしれない。

別に悪口のつもりはないが、妻はこういう時にクールだ。
以前、自転車でこけて肘をずらっと擦りむいた時、でれ〜っと血が滲みだしてくる広い傷口に、これで消毒しとくのよって小さい缶のスプレーを吹き付けた。
なんて優しい。
ところがこれがえらく痛いので、痛いよって言うと、何言ってんの弱虫、これぐらいがまんしなさい、治療してるんだからって、ほぼ全面に吹き付ける。
「なんかさ、痛いんだけど」「がまんしなさい」の会話が2〜3回かわされたあと、「あれ?」
「何?」
「これちがうわ」「何が?」
「これスキンガードだ」「え?」
「キズドライだと思ったよ」
「あ、そう。どうりで痛いわ」
わかってしまうとなお痛みは増したのだった。
傷を洗ってやりなおしがまた痛かった。
それからは自分で治療する事にしたのである。

それにしてもこの歳で、夢の中のひどく嫌なやつだったが、とケンカして、先手のつもりで思い切り蹴りを入れたその場所がベッドの脇の壁だったとは。
一緒に寝ている犬を蹴らなくてよかった。
でも、まぬけだ。年甲斐もない。
妻には爪が割れるまで蹴らなくてもってあきれた顔をされるし。
だけど、痛いのはオレだし。
なんだかな〜。だった。

Rock Me baby

反省してもこればっかりは夢の中の出来事で、もしまたそんな夢を見たらどうするだろう?
この事を教訓にするだろうか?
それは疑問だ。
生まれつきかもしれないし。
夢の中に教訓なんか持ち込みようがないんじゃないだろうかと思えて、不安になる。

Baby What You Want Me To Do

関係ないけどプレスリーのギター、結構イケテルと思う。

Levon Helm "Poor Old Dirt Farmer"

希望としては、Levon Helmみたいに、こんな風に年を取りたい。
これからドラムをやったからといってこうはなれませんけどね。
d0128759_23203541.jpg

[PR]
by kato_ashura | 2009-07-29 23:23