日記等


by kato_ashura
一年ぐらい日記をさぼるぐらいは朝飯前だけど、子供の成長には本当に目をみはる。
子供の幸せを願いつつ、その幸せの力になれることを自分の為に願ってもいる。


d0128759_22591775.jpg

d0128759_2313561.jpg
[
d0128759_232346.jpg
#IMAGE|d0128759_2313561.jpg|201510/02/59/|mid|500|375#]
[PR]
# by kato_ashura | 2015-10-02 23:03 | Comments(0)

記念すべき日だった。

今日ついにうちの子がウンコを教えた。
そして、みごとにトイレでしたのだ。
それは親戚の葬儀の忌中払いの席だったので、その場でトイレに見に行く事はできなかったが、目撃者がはっきりと、大きくていいウンコと言った。
あまり嬉しいので、子供に「オレも見たい」というと、数分後に無理にひりだそうとしてくれたがやっぱりその場ではもう出なかった。
家に帰ってしばらくして、「出る」というので、今度はオレが連れて行って座らせると、まず、ちょろっとおしっこのあとに、もりもりと茶色いものが出てきて、ちゃぽんという美しい音をたてて透明な水に沈んだ。
質、色、形共に絶品だったので、お尻を拭いても、トイレットペーパーには何もつかなかったほどだ。
ご褒美に何が欲しいか聞くと、「ケーキ」と答えた。
モンブランを約束した。
[PR]
# by kato_ashura | 2014-11-21 22:30 | 日記 | Comments(2)
朝から楽しみにしていたレオにいちゃんと、その妹で同い年のリサが来て、一緒に遊んだりお風呂に入ったりして、本当に楽しそうだった。
今はもっと進んだ絵を描くが、少し前に描いていた3歳の子供の絵が、本の表紙になった。
この本自体の内容は少し難しいのだけど、最近知り合った編集の方が絵を気に入って下さって、3歳の画伯の絵が表紙をかざることになった。
奥付にまでちゃんと名前を入れて下さったので、本人がちゃんとわかるようになるまで家宝にしたいと思っている。
d0128759_22404365.jpg
d0128759_22394873.jpg
d0128759_22363991.jpg

[PR]
# by kato_ashura | 2014-11-16 22:42 | Comments(0)

南極料理人。

なんとなく観たかった映画なので、レンタルして観た。
そしたら偶然、今自分が思ってる事と同じ、人はその間の関係がどうであれ、だれかと一緒にいる事がとても大事なんだという話だった。(と、思う。)
一緒に食べる事、一緒に起きる事、一緒にでかけること、働く事。
そういうすべてが、本当はいちばん大事な事なんだ。
宮崎駿監督の「風立ちぬ」を観た後だったので、なおその思いは強かった。
夢は、ことさらにとりあげられがちだけど、生きているこの場所、時間の方がどれだけ貴重かと思う。
子供に将来の夢ができたなら、できるかぎりの応援をするけれど、誰とも違うそれまでの生きた時間を一緒に生きた人を大切にしないなら、きっと後悔する事になると教えよう。
それは家族だ。
人間の社会的側面の最小単位なのと同時に、人が育つ時にどうしても必要な基本単位だ。

オレはそれをおろそかにしてしまった気がしてならない。
[PR]
# by kato_ashura | 2014-07-04 23:45 | Comments(2)

今日が命日だった。

思いがけず出雲の知り合いからも電話をいただいたり、たくさんの方が娘の命日に集って下さった。
悲しみに耐えきれずお帰りになったお友達もあり、墓には花があふれて、親としてはこんなに感謝に堪えない事はなかった。
切なくて、悲しくて、嬉しくて、この気持ちを表現できない自分を情けなく思う。
なかでも、この頃少し自分の母親がいない事に気がついてきた子が、やはり不憫でしかたがない。
歯磨きの仕上げに、テレビが「仕上げはおかーあさん」というと、「ひな(自分の事)、お母さんいないもんねー」と言うようになった。
保育園で誰かに言われたのだろう。
できるだけ元気で、長く生きて、この子の為になってやらなくてはならない。
[PR]
# by kato_ashura | 2014-06-11 23:38 | Comments(3)